不倫サイトでセフレと恥ずかしいえっち体験

不倫サイトで出会ったセフレの彼との初めてのすご〜いえっち体験をした。不倫サイトで会ったセフレの彼とは,こんなことするのと、恥ずかしさでいっぱいでした。

 

「こんな濡れちゃってるよ」私は顔が赤くなり彼はたっぷりと執ようで微妙な指タッチで愛撫していきます。

 

私は彼の慣れた手つきでいつの間にか裸にされていました。私は目を閉じて期待でうっとりとしながら彼の指を待っています。

 

「きれいだね。君は最高だよ、しっとり濡れて、綺麗なピンク色をしてるね」とにかくほめ上手なんです。

 

私は結婚以来、夫から一度もほめられたことがありません。

 

セフレの彼は「きれいだね可愛いよ、君はすてきだよ」なんて惜しげもなく愛の言葉もささやいてくれます。

 

夫とは別の生き物のような男性です。彼はしゃべりながらも私の中にそっと指が入ってくる「中はでこぼこしていて熱く盛り上がって山あり谷ありまるで俺をを誘っているみたいだよ。

 

指を入れるからここできゅっと締めてみて」ささやきながら彼の舌は私の蜜の壺へ三角形のとがった山のクリトリスを根元からむき出しにしてやさしく強くなめたり、吸ったり、噛んだりと、リズミカルに私を責めてきます。

 

私は思わず声が、夫は知らない私の秘密の花園を彼は一度で見つけてくれるんです。

 

それだけでも私は幸せで「君は僕の下だけで反応して感じやすく、とても素敵だよ」彼は私の壷であるクリトリスをじらすようになめています。

 

「ダメ!ダメ〜」全身が燃えるようにエクスタシーに包まれて、私は おねだりするように腰を持ち上げて両足を大きく広げ、腰をくねらせ彼を求めていています。

 

夫を裏切っているという罪悪感はなく、むしろ夫のことを頭の片隅で考えながら身を任せて怪しく腰をくねらせて夫に見せつけているような錯覚に陥っていっそう萌えてきます。

 

 

40代既婚者のセフレの彼はモテるのは大人の余裕から女性に安心感からでしょう。女性よりも男性の方が既婚者の不倫や浮気も多いのです。

 

男性は女性の既婚者の浮気は気ずかないものらしいようです。

 

夫は妻には無関心なのかもしれませんね。女性も不倫サイトで、一度しかない人生楽しく過ごしたいものです。

 

 

私を女として認めていない夫のことを裏切り、この私を見せつけるように自ら腰をクネクネ差し出しどんどん大胆になっていくのです。

 

今の私は女としての初めての喜びを知ってしまい、この不倫の関係を止めようとは思っていまん。

 

通常500円分のポイントが付きますがここから登録すると1000円分の無料ポイントが付きます。

 

ここから
不倫 サイト,セフレ 不倫,えっち体験TOPへ不倫ばれない|既婚の浮気のやり方で人妻とエッチしたい>>